桃園空港内で両替

桃園空港内で両替

桃園空港内で両替

円から台湾ドルへの両替は、いつも空港内で済ませてしまいます。

 

どこで両替しても、そんなにレートは変わらないし、
空港内の銀行窓口でも、手数料は30元です。

 

今回ももちろん空港内での両替。

 

早朝でも、空港内の銀行窓口はたくさん開いています。

 

桃園空港内には、そこらじゅうに銀行窓口があるので、
適当なところで両替しちゃいましょう!

 

今回は台湾銀行の窓口で。
円を差し出せば、言葉もほとんど交わさず、台湾ドルに両替完了。
差し出された明細に、サインをすればOK。

 

前回の旅行で、台湾元が1000元くらい残っていたので、
今回私は、1万円を台湾ドルに両替。

 

他のみんなも1万5千円〜2万円ほど、両替したよう。

 

この日のレートは、1元=3.66円。

 

ずっと円安で、一時期1元=4円を超えていた時もあったことを考えれば、
運よくかなりマシなレートの日に当たったようです。

 

(でも、最近少し円高傾向なのね!2016年2月のレート、1元=3.44円だって!!
こんなにいいの、久しぶりでしょー!?)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-3477635761527709"
data-ad-slot="8022011514">


旅行記の目次に戻る

トップページに戻る

関連ページ

台湾に超速入国(入国審査注意点有り)
タイガーエア機が台北・桃園空港に着陸してから、想像以上に早く入国することができました。入国審査時に、帰国日本日&滞在先なしで、ちょっと疑われましたけど。空港、タイガーエアチェックインから観光まで、無駄に細かい弾丸日帰り台湾旅行記。
日帰り台湾旅行、いくら両替する!?
ただでさえ悩む両替金額。日帰り台湾旅行で、どのくらいお金を使うのだろう…。実際に使った額を基に、目安の金額を教えます!無駄に細かい弾丸日帰り台湾旅行記。
おすすめの地図・ガイドブック
台湾旅行が決まったら、まず買うのがガイドブックですよね!有名ドコロのガイドブックもいいけれど、旅行計画を立てるにも、持ち歩きにも便利な、私の超おすすめガイドブックを紹介します。
空港からの移動手段
今回の日帰り弾丸台湾旅行は、個人手配。もちろん空港送迎なんかありませんから、リムジンバスを使います。リムジンバスは、言葉のわからない私にとって、一番の難関・・・。
リムジンバス「長榮巴士」で台北市内へ
リムジンに乗り込めば、さっそく台湾観光スタートです。私たちにはチェックインするホテルはないのです!目指すは九ふん。さぁ、どこのバス停で降りる!?
忠考復興駅でリムジンバス下車
リムジンに揺られながら、台北市内に入ると地図と走っているルートを確認しながら、降りる場所で呼び鈴を押す!無事に目的地に着いたのか!?