日帰り海外旅行の入国審査

日帰り海外旅行の入国審査

日帰り海外旅行の入国審査〜超速入国!

空港建物内に入って、早歩きで入国審査へ。

 

タイガーエアは、桃園空港第一ターミナルです。

 

第一ターミナルはそんなに広くないので、
早歩きで5分くらいで入国審査に到着。

 

朝の桃園空港の入国審査は、空いていました!

 

いつもすごいすごい行列で、ここで時間を食うのですが、
早朝便で到着した人、ほとんどが台湾の方だったようで、
外国人の入国審査は空いていました。

 

日帰りで海外旅行の場合の、入国カードの書き方は、ちょっと困った。

 

帰国日→入国日と同じ。
滞在先→空欄。

 

そんな内容の入国カードを差し出せば、入国審査時に怪しまれても仕方ありません。
日帰り海外旅行なんて、一般的にはクレイジーだからね。

 

「本当?証拠を見せて」と言われます。→航空券予約のバウチャーを見せれば解決です。

 

気をつけなくてはならないのは、バウチャーを持っていない場合です。
予約代表者以外、バウチャーなんて印刷してこないですよね?(え?全員所持するのが当たり前?)

 

航空券購入時の予約代表者以外のメンバーも、バウチャーのコピーを所持しておくのがベストです。

 

一人しかバウチャーを持っていない場合は、バウチャー持ってる人を先頭に、その後ろに同行者は全員並ぶこと!
入国審査窓口は、大抵いくつかあります。
でも、バウチャー持っている人の後ろを離れないように。

 

本当に日帰りなのか、証拠がないと、たぶん困ることになる。

 

できそうなら、先頭のバウチャー持ってる人が、「後ろのメンバーも日帰りです」と、ジェスチャーするとよいと思う。

 

(実際は、バウチャー持ってないA美ちゃんが入国審査のトップバッターだったので、
バウチャー求められ、後ろの私がバウチャーをパスした 笑。
全く問題なかったけどね〜。私が離れていたらどうだったんだろう、とは思いますけど。)

 

入国審査で疑われつつも、さっさか台湾に入国完了!

 

日帰り弾丸旅行&LCCの我らには、預入荷物なんてありませんから、
入国審査を終えたら、あとは空港から脱出するのみ!

 

この時点で8時05分。

 

7時40分に飛行機が着陸してから、
台湾入国まで、なんと所要時間25分という早さ!

 

台湾への日帰り旅行なら、LCCの深夜早朝便を使えば
いろいろと時間がかからないことがわかりました。
空いているからね。

 

あ、でもピーチだと日本人が多そうだから、タイガーエアの方がいいのかもなぁ。
関係ない?

 

タイガーエアとピーチは、時間帯がほぼ同じだけど、どうなんでしょうか。

 

帰国時の出国審査の様子はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-3477635761527709"
data-ad-slot="8022011514">


旅行記の目次に戻る

トップページに戻る

関連ページ

桃園空港内で両替
超速で台湾入国を果たした私たち微熟女御一行様は、目に入った空港内の銀行窓口で両替です。無駄に細かい弾丸日帰り台湾旅行記。
日帰り台湾旅行、いくら両替する!?
ただでさえ悩む両替金額。日帰り台湾旅行で、どのくらいお金を使うのだろう…。実際に使った額を基に、目安の金額を教えます!無駄に細かい弾丸日帰り台湾旅行記。
おすすめの地図・ガイドブック
台湾旅行が決まったら、まず買うのがガイドブックですよね!有名ドコロのガイドブックもいいけれど、旅行計画を立てるにも、持ち歩きにも便利な、私の超おすすめガイドブックを紹介します。
空港からの移動手段
今回の日帰り弾丸台湾旅行は、個人手配。もちろん空港送迎なんかありませんから、リムジンバスを使います。リムジンバスは、言葉のわからない私にとって、一番の難関・・・。
リムジンバス「長榮巴士」で台北市内へ
リムジンに乗り込めば、さっそく台湾観光スタートです。私たちにはチェックインするホテルはないのです!目指すは九ふん。さぁ、どこのバス停で降りる!?
忠考復興駅でリムジンバス下車
リムジンに揺られながら、台北市内に入ると地図と走っているルートを確認しながら、降りる場所で呼び鈴を押す!無事に目的地に着いたのか!?