台湾日帰り弾丸旅行記(羽田発タイガーエア)

旅行を終え、語るわたし

旅行を終え、語るわたし。

子育て中で、働いてるメンバーもいるわたしたち微熟女4人。
本当はもう一人きっつい微熟女Tも入れて、5人で旅行したかったんだけど、いろいろ条件が叶わず、Tは今回は欠席に。

 

家族全員のスケジュールと、メンバーのスケジュールを照らし合わせながら、旅行できそうな日程選定から始まり、
旅行内容に見合った金額の航空券を、出発数日前まで粘って探すという感じで…、
今回の台湾日帰り弾丸旅行は、それなりに大変な過程を経て実現できたものでした。

 

ほんとのほんと、家族(夫や子どもたち、実家など)の協力がないと、旅行なんて無理。
その点、わたしたちは本当に恵まれていると思います。

 

旅行終わってしばらく経つけど、誰も離婚してないし。(え!そこ?)

 

わたしたちが日帰り台湾旅行したからって、家族関係が悪化したという話もない、嫁姑関係がやばくなったという話もないない!

 

「夫や子どもたちを置いて、自分だけ旅行(しかも海外)に行っても大丈夫かしら…」と心配に思っていたけど、全然大丈夫だったよ。
日頃の行いがいいのかな。いい循環だよね。だってさ、

 

日頃の行いが良い → 旅行に行ける → さらに日頃の行いが良くなる → さらに旅行に行ける → もっともっと日頃の行いが良くなる → いい母ちゃんになってきてる! → また旅行に行ける…endless

 

人生そんなもんだよ。心配したって、たいていどうにかなっちゃうんだから、自分に正直に生きようぜ。
育児ノイローゼ気味だったわたしが言うんだから間違いない!!

 

やりたいことあったらさぁ、「子どもいるのに…」とか自己規制して周りの顔色伺ってないで、やっちゃえばいいのよ。
どっちにしたってストレスでしょ?

 

自分のやりたいこと押し殺して、いい母親アピール。 → はい、ストレス〜。

 

自分のやりたいことやって、周りにどう想われているか心配する。 → はい、どっちにしたってストレス〜。

 

「自分のやりたいこと」が、「いい母親」なら、それでいいんじゃん?けっ、羨ましいわ、そんな趣味。

 

でもね、結局ね、子育て中でも、少しばかり家族に我慢を強いて、自分自身のやりたいことやっちゃってもね、後ろめたい気持ちにはならないですよ。
逆に明日から、もっと家族に優しくなろう!とか、絶対前向きになれるんです。

 

だから、子ども産んで、自分の時間がなくなっちゃって、自分を見失いがちな人も、母という枠にとらわれずに、いろいろ挑戦して欲しいです!
その方が、自分&子どもの精神衛生上、絶対にいいですから。

 

なんだこれ、全然台湾旅行と関係ないな 笑。

 

またきっと微熟女旅行記シリーズ、アップすると思います。
次は台南日帰り、高雄日帰り、ベトナム弾丸、バンコク弾丸…香港凱旋!?やっぱり台北弾丸??

 

旅行期間が長くなればなるほど、子どもが成長し、親離れ・子離れが進んでいると思ってください 笑。

 

次の旅が実行できるように、家族に思いやりを持って、毎日がんばりましょう!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-3477635761527709"
data-ad-slot="8022011514">


旅行記の目次に戻る

トップページに戻る

関連ページ

羽田国際空港に帰ってきました
日帰り弾丸台湾旅行、15時間の滞在を経て、羽田空港に再び戻ってまいりました。昨日のことなのか今日のことなのか一昨日のことだったのかなんだかよくわからない、夢のようだ・・・。
始発までが遠足です
そろそろ始発が動きだします。さぁみんな、愛する家族のもとへ帰ろうではないか。
お家に帰った微熟女たち
日帰り弾丸台湾旅行を終え、お家に帰ったわたしたち。少し寝て落ち着いたら復活し、日帰りで台湾に行ってきたという事実に興奮!