早朝の羽田空港で始発が動きだすまで時間を潰します

始発までが遠足です

台湾日帰り弾丸旅行もそろそろおしまい

なにを話すでもなく、ぼーっと和カフェで始発まで時間を潰します。

 

4時45分。
そろそろ始発も動き始まるから、帰る準備しましょうか!

 

コインロッカーに入れたダウンコートを取りに行かないとね。
覚えてますか?日本は真冬だもんね!

 

わたしのお家方面行きのバス、実は5時発のがあったんだ。
でも、リムジンバスのチケット売り場が開いていなかったので、見送ったの。
5時にチケット売り場が開いて、5時30分のチケットを買いました。

 

5時のバスに乗るには、バス停で直接運転手さんにお金を払うそうです。
(直接乗る場合は、クレジットカードが使えないので注意。)

 

微熟女たち、散り散りに、始発でふらふら帰っていきます。

 

旅を共にした友と、別れを惜しむでもなく、ふつうにじゃあね、ばいばーい。
みんな日常に戻っていくのでした。
この日は祝日。お家には、お留守番いただいたお子様とだんなさまがお待ちです。

 

わたしもリムジンバスに乗り込みます。他にも乗客2名。
5時のバスも2人、乗客がいたらしい。バスの運転手さんたちが話してた。
5時に乗れたら6時にお家に帰れちゃうな、すごいな。

 

5時30分 羽田空港発 ― 6時15分 たまプラーザ着 (爆睡)
お家についたのは、6時30分頃でした。

 

(シャワー浴び、14時まで爆睡し半日潰す。日帰り旅行の意味なし。)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-3477635761527709"
data-ad-slot="8022011514">


旅行記の目次に戻る

トップページに戻る

関連ページ

羽田国際空港に帰ってきました
日帰り弾丸台湾旅行、15時間の滞在を経て、羽田空港に再び戻ってまいりました。昨日のことなのか今日のことなのか一昨日のことだったのかなんだかよくわからない、夢のようだ・・・。
お家に帰った微熟女たち
日帰り弾丸台湾旅行を終え、お家に帰ったわたしたち。少し寝て落ち着いたら復活し、日帰りで台湾に行ってきたという事実に興奮!
旅行を終え、語るわたし
まだ小さい子どもがいるわたしたち。でも子どもと夫を置いて、台湾に弾丸日帰りで行ってきました。ママがひとりの微熟女として、旅行を計画する気持ちを語ります。