華陰街

『脆皮鮮女乃甜甜圏』

『脆皮鮮女乃甜甜圏』発見!

脆皮鮮○甜甜圏,華陰街

華陰街の入口あたりで、すぐに『脆皮鮮○甜甜圏』(○は女乃)を発見しました。

 

台北駅に近くて、ドミトリーでない安いホテルとしてよく検索にひっかかってくる「獅城大旅館」のすぐそばでした。
へ〜、ここなんだ!「獅城大旅館」。すごく面白そうなエリアにあるなぁ。
子連れでは泊まる気にならないけど、寝るだけの宿としてはアリだなと思いました。

 

『脆皮鮮○甜甜圏』は、ドーナッツ屋さん。
私が今までに食べたドーナツで、一番おいしいと思うのがここ。
日本や欧米のどんなドーナッツよりもおいしいと思うな。
フランチャイズを日本でやりたいくらい 笑。
誰を連れて行っても、おいしい!と言ってもらえます。

 

華陰街の『脆皮鮮○甜甜圏』は初めて来ました!
台北市内に2店あります。
すっごい行列でびっくりしたんだけど。

 

晴光市場や雙城美食街の近くにある『脆皮鮮○甜甜圏』晴光店でいつもは買うのだけど、
こんなに並んでいることないよ!?
ひるんだよ、あまりの行列に・・・。
けど、子どもたちも大好きだし、やっぱり日本に買って帰りたい!

 

私は、並ぶと宣言。

 

それでは二人ずつ交代で、華陰街の問屋街探検に出ようという話になりました。

 

50人位並んでいたかな?もっと??

 

全然進まないのよ、これが。
人手不足だという噂をきいたことがあるのですが、
ドーナツ揚げている人が一人、他、接客&仕上げをしている人が二人。
手伝ってあげたくなるわ。。せっかくおいしいドーナツ屋さんなのに、いろいろあるのだろうなと勝手に思うのでした・・・。

 

スタバでまったりした後は、行列に並ぶことになるとは。。
私と先に並ぶ組になったAちゃん、付き合ってくれてありがとう 涙。

 

交代で並ぶ約束だったが、やつら(A美&Iちゃん)、戻ってこねーし。

 

脆皮鮮○甜甜圏,華陰街

30分くらい並んだでしょうか、ようやくもう少しのところまで来ました。
あと、5,6人で、私たちの番!!
さぁ、もうこの頃になっても戻ってこないA美とIちゃんの分のドーナツ、もう知らねぇ、買ってやんないぞ、と文句垂れ始めるAちゃんとわたし。

 

そして、次のドーナツが揚げあがったら、わたしたちの番!というタイミングで、A美とIちゃん登場。
ふざけんなのタイミングで戻ってきやがった 笑。
・・・あなたたち、ホント運がいいのね。
そう言えばA美は、昔から運だけで生きてるって評判だったもんね。。忘れていたわ。

 

何個買ったんだっけ。その場で食べる分と、お土産として日本に持ち帰る分。
全部で10個くらい買いました。

脆皮鮮女乃甜甜圏,ドーナッツ,華陰街

 

やっぱり、さっくりフワフワ、ほんとにおいし〜♪

 

『脆皮鮮女乃甜甜圏』の横には、コーヒースタンドがあるんだよ。
完全に便乗営業だよね。

 

スタバの後でなければ、コーヒーとドーナッツで休憩もよかったかもね。
って、この付近で座る場所なんて全く用意されてないですけどね・・・。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 


日本に『脆皮鮮女乃甜甜圏』のドーナッツを持って帰るの巻

脆皮鮮○甜甜圏,華陰街

お土産に『脆皮鮮女乃甜甜圏』のドーナッツを日本に持って帰りましたぁ!

 

どうやって持って帰ったかって、ふつうにそのままかばんに入れて持って帰ったわよ。
舐めんなよ、日帰りを。

脆皮鮮○甜甜圏,華陰街,ドーナッツ

 

わたしは台湾旅行時には、ジップロックを持ち歩くようにしています。
あると便利よ。シェアする時とか。A美ちゃんのドーナツ入れるためにあげたー。

 

Aちゃんのお留守番いただきましたご子息様(3歳)には、えらく気に入っていただけたようで、
「これを買いに行ってくれていたんだね、ママありがとう」
という、大変ありがたいお言葉をいただきました。
はい、ママはこのドーナッツをあなたに食べてもらうために、台湾まで行って買ってきました・・・。
・・・なんだろ、この軽い罪悪感は。

 

持ち帰ると、揚げたての熱で、かかっている砂糖が溶け、アイシングのようになってしまいます。

 

まぁどうでもいい、そんなことは。
生地がうまいんだよ、ここのドーナッツは。

 

今回はたまたま?混んでるからいつも?プレーン味のドーナッツしかありませんでしたが、
晴光店だと、種類が選べる時もあります。(仕組みがよくわからない。)
前回持ち帰ったドーナッツはミルク味でした。
粉ミルクみたいのがかかっていて、こりゃまた美味しかったです。

 

何味にしても、持ち帰ると、熱でしっとりしてしまい、かかっている粉がアイシング状態になります。
こればっかりは仕方ない。

 

日本に持ち帰ってすぐに食べない時は、ラップに包んで冷凍してしまいます。

 

食べる時は、オーブントースターで復活させます。

 

砂糖などがかかっているので、焦げてしまわぬよう、アルミホイルを上にもかぶせます。
その状態で、アツアツになってきたら、最後の1分くらいは、上にかけたアルミをはずし、カリッと焼きます。

 

これで、揚げたてをまぁまぁ再現できるよ。

 

台湾のおいしいドーナッツが冷凍庫にあると思うと、わたし、元気になれる。
子どもが寝静まってからのドーナッツ&コーヒータイム♪
さぁ、もうひと頑張りしよう!と思えるのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-3477635761527709"
data-ad-slot="8022011514">


旅行記の目次に戻る

トップページに戻る

関連ページ

華陰街
Qスクエアの前の大通りを横断したら、もうそこは華陰街でした!